FX初心者がいきなり"システムトレード"はあり?デメリットも多いので要注意!

更新日:

Pocket

FXには「システムトレード」という自動売買ができるプログラムがあります。あらかじめ決めておいたルールに従ってプログラムが自動で取引をしてくれるものです。

FX会社も手軽に始められるシステムトレードを用意しているところもたくさんあります。

これからFXを始める人は「自動で勝手に売買してくれて簡単に稼げそう」と思う人もいるでしょう。

しかし実際そんなに簡単には上手くいかないものです。

なぜなのでしょうか。初心者は手を出してはいけないのでしょうか?

システムトレードとは

「システムトレード」とは、簡単に説明すると「あらかじめ決めておいたルールに従って機械的・継続的に行う取引」のことです。

株価やテクニカル指標の動きに沿って、厳密に売買タイミングのルールを決め、自分の感情を入れず、機械的に、淡々と取引をさせ続けるのです。

それだけを聞くとなんだか誰にでもできそうな気がしますよね。

システムトレードは大きく分けると、「開発型」「選択型」の2種類があります。

開発型

開発型システムトレードは、自分自身で売買プログラムを開発(作成)し、それを取引システムに搭載してトレードします。

自分だけのアイデアのトレードルールを自動化でき相場環境の変化に合わせて調整、アレンジもできますが、知識が必要なため中上級者向けです。

選択型

予め各証券会社などで用意されているストラテジー(売買プログラム)の中から選んで使用するものです。

限られた選択肢から選ぶので使えるものは限られますが、専門知識がなくてもシステムトレードというものが簡単に始められます。

「システムトレード」に対して「裁量トレード」という言葉があります。

売り買いの判断を自身で行うトレード手法で、説明するまでもなくみんなが行っている普通の取引のことです。

この二つを比較すると、システムトレードのメリットとデメリットがよりわかります。

「システムトレード」と「裁量トレード」の比較

システムトレード 裁量トレード(自分での取引)
メリット
  • 「欲」や「希望」「恐怖」などの感情を切り離して取引ができる
  • 自分で売買の判断をしなくてもいい
  • 決済も自動で行ってくれる
  • 相場の状況にあわせて臨機応変に売買をすることができる
デメリット
  • あらかじめ決めたルールがすべての相場状況に通用するとは限らない
  • 相場の急変時に対応することが難しいこともある
  • 「欲」や「恐怖」などの感情で売買していまいタイミングを間違える
  • 相場に対してある程度の分析能力が必要である

最大のメリットは「感情を入れずにトレードができる」こと

システムトレードの最大のメリットと言えば、人間の感情を排除して取引できる点でしょう。

投資における最大の敵は自分だったりします。楽観的予測や暴落の恐怖、情報に流されたトレードなど、結局は自分の感情でトレードを行い、失敗してしまうことも多いのです。

感情に揺さぶられることのないシステムトレードを導入することで、投資家の心理的負担は大きく軽減されます。

そればかりか、いったんルールが上手く行き出すと、相場を24時間注視し続ける必要がなくなり、寝ている間、仕事などで取引ができない時間帯でも休むことなく取引をしてくれます。

心理的にも身体的にも相場に臨む負担が減ることになります。

デモトレードができるFX会社は?少額の本番取引なら「SBI FXトレード」がおすすめ!

続きを見る

各社システムトレード紹介

システムトレードを提供しているFX会社はたくさんありますが、サービス内容や言葉だけを聞いても初心者には違いがわかりにくいですよね。

各社が提供しているシステムトレードには大きく3つの種類に分類することができます。

  • ミラートレーダータイプ【選択型】
  • リピート系タイプ【シンプル】
  • MT4(メタトレーダー4)【本格的】

「ミラートレーダー」タイプ

「ミラートレーダー」はイスラエルに拠点を構えるトレーデンシー社というベンチャーが開発した自動売買のシステムで、それを日本国内のFX業者が独自にカスタマイズして顧客に提供しています。

「ミラートレーダー」は、選択型自動売買の取引プラットフォームとして全世界で人気があり、利用されている取引システムです。

しかし性能が高いぶん、ストラテジーの分析や選択、運用管理を行うためには、それなりに知識や経験が必要で、誰でも使えるものではなく、多くの手間が必要でした。

以下のFX会社から提供している「ミラートレーダー」はその高度なシステムを一般にも使いやすくアレンジして提供しています。

シストレ24(インヴァスト証券)

インヴァスト証券の「シストレ24」は500種類もの豊富なストラテジーと使いやすいツールとして個人投資家の間でも人気が高いシステムトレードです。

売買システムの中から好きなストラテジーを選んだら、あとは勝手に24時間自動でシステムがトレードしてくれます。

仕事中でも、夜間寝てる間でもシステムが発動する売買シグナルに沿って完全自動売買を実行してくれます。

セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)

セントラルミラートレーダーは選択型システムトレードにあたり、選ぶだけなので初心者でも簡単に自動売買を開始することができます。

自分で自動売買プログラムを作成する必要がないのが選択型システムトレードのありがたいところですね。

300種類以上もあるストラテジーの中から、自分に合ったストラテジー選びを強力にサポートしてくれます。

「おすすめポートフォリオ」という、あらかじめ最適なストラテジーの組み合わせで選択することが可能なことでしょう。

新規口座開設!【セントラル短資FX】
 

「リピート系」タイプ

厳密に言うとシステムトレードとは違うかもしれませんが、売買を自動化するという広い意味でこの「リピート系」もご紹介します。

マネースクエアが提供している「トラリピ」がこのサービスの元祖で、「トラリピ系」とも呼ばれています。

そのほか「ループ・イフダン」「連続自動発注」「サイクル注文」など各社似たようなサービスを展開しており、それぞれに特徴はありますが基本的な考え方はどれも同じです。

基本的なプログラムは「任意の一定値幅ごとに売買を繰り返す」というものです。

例えば、ドル円1円間隔で買い注文を張り、そのポジションが1円上がったら売る。これをたくさん繰り返し、相場が上下する度に利益が発生するようにプログラムします。

この「リピート系注文」は、一直線に上昇、または下落をが進むトレンドを取りにいくのではなく、ジグザグに上昇と下落を繰り返しながら進むレンジトレンドに対して特に有効かもしれません。

選択型のシステムトレードでは売買プログラムの「ストラテジー」が判断するのに対して、このリピート系売買では通貨ペア、想定レンジ、注文の幅、利確の幅などの要素は自分の意思によって設定しなくてはなりません。

現在の相場がトレンド相場かレンジ相場なのかなどの状況については、しっかりと自分で判断しなくてはなりません。

言ってみれば半自動の売買と言うことができます。

トラリピ(マネースクエア)

マネースクエアが提供する「トラリピ」はリピート系取引サービスであるコツコツFXの先駆けです。

「為替相場はレンジになりやすい」という特性に着目し、効率的・手間いらずで利益を狙うシステムとして、トラリピは開発されました。

名称の由来となっている「トラップリピートイフダン」を理解するとプログラムの内容もよくわかると思います。

  • トラップ:いくつもの注文を、罠を仕掛けるようにまとめて設定
  • リピート:決済成立後、注文を何度もくり返す
  • イフダン:「もし○円で買えたら△円で売る」というセットの注文を設定

「安く買う→高く売る」をセットで繰り返す自動売買ツールです。

値段やレンジの幅などを設定をしたら、後は自動でチャートが罠に引っかかってくれるのを待つ、そういうイメージの取引ですね。

ループイフダン(アイネット証券)

 ループイフダンはアイネット証券が提供している、自動売買のシステムです。

一定の値幅で売り買いを自動的に行ってくれるので、一回設定しておけば相場を見ていなくても寝ててもコンピューターが勝手に売ったり買ったりしてくれます。

FX取引の新スタンダード

とてもシンプルなシステムで設定も簡単です。

  1. 通貨ペアを決める
  2. 買いで入るのか売りではいるのか決める
  3. 値幅を選ぶ

iサイクル注文(外為オンライン

iサイクル注文は、半自動型の自動売買の一種で、ユーザーがパラメーターを設定すると、それに従ってシステムが24時間トレードをしてくれるというものです。

iサイクル注文の特徴は、あるレンジの水準が変化したら、その変化後の水準の安値や高値の変動に対して自動で追従します

例)普通のサイクル注文なら当初に設定した110円から115円という値幅で注文を繰り返しますが、iサイクル注文なら相場の変動でレンジの水準が変わった場合、例えば107円から112円の値幅で注文するように設定が更新されます。

メタトレーダー(MT4)

ロシアのMetaQuotes Software社が開発した高性能チャート取引プラットフォームです。

自動売買やチャート分析の高機能さと、高いカスタマイズ性・柔軟性が特徴で、ある程度習得すれば簡単操作で高レベルな取引を可能としています。

楽天MT4(楽天証券)

大手ネット証券で唯一MT4を取扱っています。

楽天FXとはツールの内容は異なります。資金は楽天FXから振替をすることにより取引ができます。

多彩なチャート分析機能も搭載しており、移動平均、RSI、ボリンジャーバンドはもちろん50種類以上もあるテクニカル指標を手軽に利用することができます。

システムトレードのデメリットは?

全ての相場状況に対応できない

相場の状況は刻々と変化していきます。ただの「上昇」「下落」だけではなく、押し目を作らない一方的な上昇や下落、ある値幅を行ったり来たり繰り返すレンジ相場などいろいろなパターンをランダムに繰り返します。

システムトレードのルールというのはある一定の相場状況で勝つように決められています。よってそのルールは相場の状況が変わるとまったく通用しなくなります

むしろ損失が膨らんだりもします。

選んだり開発した自動売買のルールは全ての相場に通用するわけではありません

相場が上昇または下降トレンドを作ったり、往来相場になったりと、あるパターンにハマったときに、それにあったルールで売買を繰り返すと飛躍的に勝率がアップします。

よって相場の状況が変わったらストラテジー(売買プログラム)を変更しなければなりません。

しかし初心者が相場の状況を理解して、最適なストラテジーを選ぶというのは大変難しいことです。

そもそも、最適なストラテジーを選ぶには、それなりの知識が必要です。

初心者にいきなり相場環境を把握して、最適なストラテジーを選べと言うのはそこそこ厳しいと思います。

結局すべてお任せにはできない

相場環境に合わせて調整しないといけないということは、結局みなさんがイメージする「自動売買」とは違います。それなりに監視して調整していかないといけないのです。

お判りにように「システムトレード」をどのタイミングでどう使うかは結局投資家の能力にかかっているのです。

資金管理にも注意が必要です。ストラテジーの運用状況をきちんとチェックしないと、いつの間にか負けて損失が膨らんでいて、投資資金がほとんど底をつきそうな状態になったりもします。

資金管理、リスク管理もお任せというわけには行きません。

実践の投資をしっかり経験しないとなかなかリスク管理の知識を学ぶことはできないでしょう。

初心者はトレードする力も身に付かない

何事も「簡単」「お任せ」というのは良い面と悪い面があります。

このシステムトレードにおいても、「自動」「お任せ」という意味では初心者にはむしろマイナスでしょう。

初心者はまさにこれから株やFXの知識を吸収してスキルを上げていかなければならないのです。

そのスタートでシステムトレードを利用してしまうと、まったくトレードする力も、相場を読む力もつかなくなってしまいます。

スマホでFX!手軽にFX!使いやすいおすすめアプリのFX会社はどこだ?

続きを見る

初心者はまず自分のスキルをあげるべき!

誰でも「楽して」「何もしないで」「手軽に」という言葉に惹かれます。

しかしシステムトレードはあるレベルに達した中上級者が便利に使うツールなのです。

システムトレードが有効かどうかは結局はその使う人の能力にかかっているということです。

投資スキルがしっかり身についている人、高い人が使うにはとても優れたツールではあります。実際にプロの運用でもシステムトレードやAIによる相場分析や売買は行われており、どんどん進化しています。

しかし初心者が初めての投資でいきなり使うのはあまりおすすめできません。

初心者はまず自分でイチから投資をして、実際の相場の中で基本を身につけ、値動きを体感して、自分のスキルをあげることに専念したほうが良いでしょう。

そしてレベルアップした次の段階でシステムトレードを活用して利益をあげていってください。

投資で儲ける最大のポイントは資金をどう使うか、それが全てだ!

続きを見る

-0. 投資はおもしろい!, これだけは知っておけ!
-, , ,

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.