"投資で成功すること"="自分に合った投資法を見つけること"

投稿日:

Pocket

「スポーツやってます」という言い方は少し変ですよね。当然「何のスポーツですか」と聞かれるでしょう。

投資も同じことです。「投資する」と言っても「何に投資するのか」というのをまず考えなくてはなりません。株式投資、FXなどの為替、金、不動産などたくさんあります。

さらに「陸上やってます」と言ったら「種目はなんですか」と聞かれるでしょう。

短距離走と長距離走は同じ"走る"と言ってもまったく内容は違いますよね。スピード、距離、トレーニングからしてまったく違います。

これもまた投資にも同じことで、「株式投資」という競技一つとってもデイトレード、スイングトレード、中期投資、株主優待投資、配当狙いのインカムゲイン投資など種目は様々です。

投資というのはそのくらい広いものを指しているので、実際なんの投資を、どういったやり方でやるのかがとても重要となります。

そして何よりも重要なのが、その方法が自分に合っているかどうかです

いくら他人が勧めるものでも、いくら本に儲かると書いてあっても、自分に合わない方法では上手くいかないと断言できます

自分の嫌いなスポーツをやる人はいません。それと同じで自分に合わない投資法を、人のマネをして一生懸命やってもうまくいかないのです。

「投資なんてやり方さえ知れば誰でもできるでしょ」と思うかも知れません。しかし投資はそれぞれの性格、考え方、生活スタイルの違いなど投資家の個性が投資結果にとても大きく影響するものなのです。

しかし逆に言えば、この自分に合った投資の「競技」「種目」を見つけること、それが投資で成功するための大きな条件だと言っても良いでしょう

スポーツならなんとなく自分でわかるものですが、投資というのは自然にわかるものではありません。

ここが投資の入り口の難しいところだと思います。間口が広すぎて、自分に合う投資というものを見つけるのが少し大変だということです。

様々な投資手法の特徴を思いつくままに書いてみます。

【初心者向け】オススメの投資は何?誰でもわかる投資の種類を徹底解説!

続きを見る

短期、中期、長期、それぞれまったく違う

私は投資の様々な種類を経験しました。株式投資、FX、先物、信用取引、投資信託などなど。期間もデイトレードからスイングトレード、数ヶ月から2年程度の長期までは試してみました。

(ただ十数年の長期投資、配当狙いの投資は試していません。これはある程度資産が増えた段階でやろうと思っていますが。)

なぜこんなにいろいろ試してみたかと言えば、投資というものが面白かったからに他ならないのですが、今振り返ってみれば、自分に合った投資方法を探し続けてきたんだということでしょう。

副業投資として仕事の合間にのんびりやってきたので、自分に合った投資方法を見つけるまで10年近くもかかりました。

投資を始めて15年間の出来事を全て話そうと思う。

続きを見る

しかし今では一番自分にしっくりくる投資方法がみつかりました。

  • 期間は数ヶ月から半年、1年程度までの中期
  • 投資対象は日経平均先物とFX
  • 金融政策や景気の変動という大きめのトレンドを捉える
  • 朝と夜、週末などの仕事の合間でできる範囲
  • 買いも売りもやるが売りのほうが得意

長い期間投資を経験してきた結果、、

  • デイトレードやスイングトレードなどの短期的な値動きについて行けない
  • 本業があるので投資に費やせる時間は不定期になる
  • 短期的な損益に振り回され落ち着いていられなかった
  • 数年から数十年単位の長期は性格上待てない
  • 配当や株主優待などの地道な投資よりは効率的に資産を増やしたい
  • 政治経済など世界の大きな動きに興味があるので自然と中長期目線になる

しかしこれは人それぞれ違うものです。

これから投資を始めようと思ってる人は、このように自分に合った投資対象、投資方法を見つけなくてはなりません。

ある程度は理論的に分析して範囲を狭めることはできるでしょう。しかし最終的には実際に投資を経験して実践しないことにはわからないと思います。

スポーツだって実際にやってみてわかるものです。「あれ、意外にできるな」とか「結構難しい」などやってみていろいろなことがわかるものです。

投資スタイルの違いはスポーツの別の競技くらい違う?!

続きを見る

短期投資

短期投資では、世の中の景気や企業業績など、投資でみなさんがイメージする経済理論や知識はそれほど重要ではないということです。

基本的には値動きを素早く追いかけられるかどうかにかかっています。

もちろん短期的な動きに影響するニュースやイベントには最大の注意を払いますが、それはあくまで値動きを追いかけるために必要な情報だからです。

「業績が良いから」という理由で買うことはありません。業績が良い、だったらどう動くのか、今の相場環境では業績が良くても売られるかも、など投資家の動向、需給関係など「相場の空気感」を読むことが最大のポイントとなります。

リスク管理の点から短期投資を好む人もいるかもしれません。

デイトレードをする投資家では、取引する時間以外に資産を保有しなくて良いというのがおおきな利点です。相場に張り付いている短期投資家は、突発的な出来事にもすぐに対応し回避することができるでしょう。

個別銘柄への投資

個別銘柄のキャピタルゲイン投資

「アクティブファンドはパッシブファンドに勝てない」とよく言われています。

アクティブファンドとは個別の銘柄や投資対象をファンドマネージャーが決定し、株価指数などのベンチマーク以上の運用成績を目指すもの。

そのベンチマークとなるのがパッシブファンドで、基本的に株価指数など市場の平均であれば良いので、株価指数に連動するようにポートフォリオを組んだら何もしないというのが基本的な運用です。

そう考えると、市場平均よりも有望な個別銘柄を一生懸命探して投資するのはうまくいかないんではないかと考えますよね。

しかし将来有望な銘柄を探して投資するという醍醐味もあります。企業分析や経済の動向にも敏感でなければいけない個別銘柄投資は我々一般投資家には難しいのでしょうか。

個人投資家の最大の武器は「時間」です。月単位、四半期単位など、あらゆるタイミングで運用結果を示さないといけないプロたちは、日々取引に明け暮れています。

しかし我々個人投資家は、いつでも投資をできるし、いつでも撤退することができます。不利な条件で戦う必要がないからです。

この「時間」というのは実は本当に重要なことです。ベストなタイミングで投資ができ、ベストなタイミングで撤退できる個人投資家は、場合によってはインデックス以上の結果を出せる可能性があります。

サラリーマンが始める副業としての投資〜時間を最大限の武器に使う〜

続きを見る

個別銘柄のインカムゲイン投資

これはわかりやすい投資方法です。配当や株主優待を狙った投資は当然この個別銘柄投資になりますよね。

安定した業績の企業、不況にも強いディフェンシブ銘柄など長期的な運用に耐える銘柄を探すのはそれほど難しいことではありません。

それよりも重要なのは買いのタイミングと長期投資を貫徹する意志をしっかり持つことです。

投資未経験者が投資に興味を持つタイミングというのは、好景気やバブルで周りが投資で儲かっている時が多いのではないでしょうか。不況のどん底で株価も暴落しているときに投資に興味を持つ人は少数だと思います。

しかしそんな時こそ長期投資のまたとない絶好のタイミングなのです。

長期投資で成功している人は時間の感覚、忍耐強さが人並みではありません。数年待つのも平気、株価の上下にも平然としていられなくてはなりません。

プロが投資初心者に勧める「長期投資」「分散投資」は欠点だらけ?!

続きを見る

個別銘柄の短期投資

短期投資においては個別銘柄の投資はとても重要です。

デイトレードやスイングトレードの短期的な値動きは、日々あらゆるニュースや世界の動きに影響を受けています。

先行して動く業種、後から追うように動く銘柄、まったく動かない業種など、どの業種に相場を張るかによって投資結果はまったく違ってきます。

日経平均などの全体は上昇しているのに、自分の買った銘柄がまったく動かないということも多々あるでしょう。それは銘柄選び、業種の選択が間違っているのです。

業種の選択がうまくいくと資金効率も上がります。一つの相場で次々と業種が入れ替わるように上昇する循環相場で資金をうまく回転させると最大の投資結果を得られます。

買いか売りか

初心者の人のほとんどは投資対象を「買う」ことから始めるでしょう。

しかし投資には「売り」から始めることもですきます。

【超基礎】信用取引って何だろう?投資の幅を広げてくれる信用取引について

続きを見る

取引というのは上にも下にも同じように動き、どちらの方向に賭けることもできます。しかし人間の心理など含めた相場は買いと売りでは少し感触は違うものです。

それは上げ相場と下げ相場の期間や値動きの違いにも現れます。

長期を例にとると、長期の上げ相場は一般的に10年などのに及びますが、バブルが崩壊する時の大きな下落相場は2年程度の短さで終わってしまうものです。

10年かかって上げた値幅を数年などの短期で一気に下げてしまうので、いかにバブル崩壊などの大きな下落が激しいかおわかりでしょう。

短期や中期でも細かい違いはありますが、おおまかには同じような動きをします。

これは人々の心理的なものが相場に表れるからです。上げ相場では最初は懐疑的に始まり、だんだんとみんなに広まり、最後は多くの投資に興味もなかった人達が欲望によって相場に参加しますが、下落が始まると我先にと恐怖で逃げ出すので一気に暴落となるのです。

このような上げ相場と下げ相場の違いに注目するとき、どちらが自分に合っているのかですね。

私は相場の上昇にみんなが浮かれているのをじっくり待って逆張りで空売りするスタイルが基本的な投資手法です。

もちろん長期的な上昇トレンドに乗ることもあります。上昇相場はうまく続くと比較的長いものなので、それにエイ!と乗るのも一つの方法でしょう。

どちらが良い?「順張り」「逆張り」を徹底解剖!どちらも重要な意味を持っている!

続きを見る

FXは短期が一般的?

FXは短期取引をする投資家が多いというイメージがあります。

短期で億り人になった人やFXで破産した話など、投資としてはギャンブルのような激しいもののように思ってる人も多いのがFXです。

しかしそれはあくまでレバレッジをどこまでかけるかの話です。

投資で儲ける最大のポイントは資金をどう使うか、それが全てだ!

続きを見る

企業業績や景気、金融政策などで方向性を考えやすい株式ですが、為替が動く理由や動機は複雑で少し難解なものでもあります。

そのためか、短期的な値動きで儲けようとする投資家が多いのかもしれません。

中長期の場合、スワップがもらえるという理由で高金利通貨を買おうという人も多いと思います。しかし高金利通貨を安易に長期保有するというのも危険です。

"ミセスワタナベ狩り"に見る、個人投資家の安易な逆張り傾向と悪いクセ

続きを見る

金融政策によっては明らかに動く方向性が見えるときがたまにあります。アベノミクスでの大規模金融緩和による円安相場などがそうでした。

私もFXは短期ではなく、中期的な方向性を予測できた場合にそのトレンドに乗る手法で投資をしています。高金利通貨でスワップが日々取られるポジションでも普通に売りで入ることも多いです。

下手するとマイナスのスワップポイントにより1ヶ月で10万円くらい取られることもありますが、通貨自体は下落して数十万の利益にもなります。

スワップポイントがもらえるのを目的化して投資をすると、為替相場の大きな流れをまったく意識しなくなってしまうのが危険な点です。毎日スワップがもらえるからまあいいか、と。

高金利通貨をスワップ目的で保有するのは意外と難しいものです。小さく貯めていったスワップポイントを短期的な暴落で一気に失うことも多いのです。

レバレッジとトレンドが重要

とにかくFXが危険というのはレバレッジの問題です。破産した人も100%が資金のめちゃくちゃな使い方のためです。

それさえしっかり自己管理できれば投資対象としてはまったく危険なものではありません。

そして高金利やスワップポイント欲しさにトレンドを無視した投資をしてはいけません。高金利通貨は大きく下落することも多いのです。

金利の高い通貨はみんなが買いたがるので上がる場合もありますが、政治的不安定やインフレなどそもそも下落する要素も多いから金利が高いのです。その点をしっかり頭に入れておきましょう。

自分に合った投資方法を見つける!

「投資で成功すること」は、すなわち「自分に合った投資方法を見つけること」と同じです。

投資自体も難しいですが、そもそも投資方法が自分に合っていなかったら成功するわけがありません。自分に合った投資方法を見つけ、それをひたすら実践して極めていく、これが成功した人達の共通してやっていることです。

あちこちに手を出す必要はありません。もちろん最初に探している段階はいろいろ試す必要はあるでしょう。

しかし偉大な投資家もみんな言っています。自分にできることとできないことをしっかり理解することが大切だと。成功した人も自分の不得意なものにはまったく手をだしません。

まずは自分というものをしっかり分析して最適な投資の道に進んでいきたいものです。

【初心者向け】🔰もう迷わない!初めての取引までの最短プログラム〜株式編〜

続きを見る

【初心者向け】🔰もう迷わない!初めての取引までの最短プログラム〜FX編〜

続きを見る

立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション

-0. 投資はおもしろい!, これだけは知っておけ!
-, , ,

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.