【初心者】あなたに向いている投資はデイトレ?長期?私が中期投資を選んだ理由。

更新日:

Pocket

私の理想は長期投資です。生活できるだけの運用益を得ながら、海辺でのんびりと投資の戦略を練る、、なんていう目標を持ちつつも、今現在は中期投資に徹しています。

一言で「投資」と言っても、投資対象もいろいろ、投資のスタイルもまたいろいろあります。

その中で私は主に日経平均やマザーズなどの指数先物を中期で投資するスタイルをとっています。

しかしそこに落ち着くまでは紆余曲折がありました。

株式の個別銘柄、FX、投資信託、オプション取引、などの商品をはじめ、投資スタイルも短期から長期までほとんど経験してきました。

投資対象はそれぞれ全てにメリットもあればデメリットもあり、また投資家が知るべき知識も異なります。どの投資対象が良いか悪いかというのはまったくありません。資金量や投資期間によっても適しているものも違ってきます。

1日で完結するデイトレード、数日から1週間くらいのスイングトレード、数ヶ月から半年狙いの中期、または投資信託で数年単位の長期投資も経験し、それぞれの長所と短所を体感してきました。

どの投資スタイルにおいても簡単ということはありません。しっかりした知識と感覚、それに持続する努力が必要です。

結局中期投資に落ち着いたわけですが、改めて考えてみるとそれなりの理由がありました。

ここでは投資のスタイルを技術的なものや知識ではなく、生活スタイルや性格などの面から見てみたいと思います。

投資期間、スタイルも人それぞれ向き不向きがありますので、どれがベストというものはありませんが、私が中期投資を選んだ理由が投資のやり方を選ぶ上で参考になるかもしれません。

投資スタイルの違いはスポーツの別の競技くらい違う?!

続きを見る

長期投資が合わなかった理由

私が長期投資が合わなかった理由は簡単です。投資結果が出るまでの長期間待てないからです。

投資を始めると誰でもわかりますが、取引というものはそれなりに楽しものです。買うときには儲かると思って買うわけですから少しワクワクするものです。

長期投資は取引を重視するというよりは、どちらかというと個別銘柄や投資信託の種類などの選別にしっかりと時間をかけ、仕込んだらじっくりと待ちます。

個人投資家でも多いと思いますが、投資好きになると取引がしたくてしょうがなくなる性格の人がいます。

しかしこの楽しさ故に無駄な取引を重ねてしまい、失敗の連続で資産を減らしてしまう人も多くいます。取引が楽しくて中毒になりギャンブル化してしまう危険性もあるのです。

私の場合そのちょうど良いタイミングが中期だったわけです。頻繁にトレードをするわけでもなく、それなりに待てる期間で結果もわかります。

自分にとって感覚的に丁度良い期間が数ヶ月から半年だったのです。

自分の将来のことがわからない

もう一点長期投資を断念した理由があります。それは将来のことがまったく予測できないからです。

それは相場のことではありません。私生活における将来です。

長期投資は成長株を見つけてキャピタルゲインを狙う投資ももちろんありますが、配当や株主優待などをもらいながら地道に運用するスタイルが基本でしょう。

積み立て投資、ドルコスト平均法なども長期を前提とした投資手法です。

コツコツ投資、積立投資のデメリットに注意!「ドルコスト平均法」を賢く使え!

続きを見る

そして長期投資は期間が長ければ長いほど成功する確率は高いと言われています。実際様々なところで過去の成績でも検証されています。

成功するためには簡単に中断してはいけないのです。

しかし私は実行できませんでした。長期投資に回していた資金が必要になってしまったのです。

長期投資を始めてから、二度の引っ越しと住宅の購入を経験しました。子供の教育費など当初には予想しなかった出来事が次々に起こりました。と言ってもある程度は予想できることですので甘かったということですね。

人によっては自然災害など予期せぬ出費などもあるでしょう。

長期投資をするということは、それらを乗り越えて、それらの影響をまったく受けることなく淡々と実行して行かなければならないのです。

長期投資の失敗例でも書いたものを自分でも実際にやってしまいました。

プロが投資初心者に勧める「長期投資」「分散投資」は欠点だらけ?!

続きを見る

もちろん何があっても大丈夫な程度の資金量でやれば良いのです。つまり結局は資金管理の問題とも言えます。

短期であろうと長期であろうと、相場の読み以上に資金の管理がしっかりできていないと結局はそれによって損失になってしまうということです

長期投資は安定した職についている人が向いていると言えます。安定した収入と将来の計画がある程度しっかり立てられる人に向いている投資方法だと思います。

私のように収入も安定せず先が見えないフリーの仕事をしている人にはあまり向かない投資スタイルかもしれません。

と言ってももちろん資金の見通しをしっかり見極められれば問題ありません。

皆さんはこれらのことをしっかり踏まえた上で投資期間というものを考えてみてください。

短期投資が合わなかった理由

フリーの仕事をしていることもあって、時間が自由に取れた時期もあり、中期投資と並行してデイトレードやスイングトレードの短期投資を試したこともあります。

成績はそこそこ利益になったくらいでしたが、結局短期投資はあきらめました。

もちろん成績は私のスキルが足りなかったからでしょう。しかし短期投資をあきらめた理由は利益だけの問題ではありませんでした。副業としては無理だなと思ったからです。

時間が自由に取れるとは言え本業の仕事を持っているため、しっかり相場を見続けることができません。逆に取引ばかりに夢中になっていると本業の仕事がおろそかになってしまいます。

そして本業も辞めたいとは思っていません。仕事は大変なこともありますが、やはり楽しいからです。いわゆる「リタイア」を目指しているわけではないのです。

投資だけで生きていくというのは金銭的なものだけでなく、生き方の問題になってきます。

結果的に、短期投資は片手間にやるのは難しいということです。そこに注ぎ込むエネルギーと集中力が必要になります。

また瞬間の判断力、スピードある行動など短期投資はまさに緊張の連続です。それに耐えられる性格の強さと頭の回転の速さも必要です。

専業投資家でやっていく覚悟があれば良いでしょう。しかし家庭があって、仕事もあってというごく一般的な人にはやはり持続するには厳しい投資スタイルではないでしょうか。

なかなか一歩が踏み出せない?!投資は怖いもの?

続きを見る

お金のことはまさに人それぞれ

お金に関する情報は世の中に溢れています。

通り一遍のことが書かれていたり、人それぞれの主観的な考え方であったり、どれが正しいのか、どれが自分に合っているのかもなかなかわかりません。

例えば良く話題になる、「住宅は購入と賃貸どちらがお得か」というテーマに関しても、結局は人それぞれの人生プランによって違うということです。

全ての人にとってどちらが得するということは言えません。

細かく住宅ローンや家賃を計算したところで、一生何も変わらなければ良いですが、人生なんて数年後でさえどうなるかわからないものです。転勤、転職、結婚など人生には大きな転機が必ずやってきます。

貯蓄、保険、年金など誰もが悩むお金に関してのことも、どれが一番良い選択かはまったくもって人それぞれです。

一般的な意見を参考にしつつも、最終的には自分自身の将来の生き方の問題になってきます。本人にしかわかりません。

投資に関してもそうです。投資商品はどれが良いか、投資期間はどれが向いているのかは結局本人が決めなくてはなりません。

投資を始めようと思っている人は多くの情報で迷ってしまうでしょうが、総合的に自分に合った方法を選択していってください。利益や損得だけでなく、生活スタイルに合うか、性格に合うか、自分が実際に出来て、かつ持続できるかどうかがとても重要です。

すぐに見つからなくても、実際の経験ととも徐々にわかってくることも多いものです。

投資を始めて15年間の出来事を全て話そうと思う。

続きを見る

-0. 投資はおもしろい!, これだけは知っておけ!
-

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.