【初心者必見】元本保証の金融商品は?元本確保って何?安全な商品は定期預金や国債の他にもある!

更新日:

Pocket

元本保証とは

元本保証とは、全ての運用期間と払出時において、元本が減らない(元本割れしない)ことを保証することです。

「全ての運用期間」というのがポイントで、いつ解約しても元本が保証されています。

銀行の預金が一番わかりやすいですね。銀行に預けたお金は基本的に減ることも、なくなることもないですよね。安心して預けることができます

ただご存知の通り、元本保証ということは金利は低いですよね。

金融の基本として安全なものほど金利は低く、リスクの高いものほど金利は高くなります。

投資をしようと思ってる人の中にも、この「元本保証」にこだわる人もいると思います。利益は欲しいが、元本が減るのはさすがに怖い、と。

投資でダマされるのが怖い?証券&FX業界は信頼できるクリアな世界だ!

続きを見る

元本保証と似ている「元本確保」

元本保証に似ているものとして、「元本確保」があります。

元本確保の場合は、満期時の最後の払い出しの時点では元本が保証されていますが、途中解約してしまうと元本割れで損失になる可能性があります

満期まできちんと待てば元本は戻りますが、投資期間の途中ではその金融商品の価値が上下しているので損することもあるというものです。逆に利益になる場合もあります。

国債や社債などの債権がこれにあたります。

基本的に元本保証されているのは銀行預金だけです。それ以外は安全な商品と言えども元本確保になります。

途中解約しない前提であれば元本確保でも比較的安全な商品と言えます。

それではここから元本保証、元本確保されている金融商品をいろいろ見てみましょう。

銀行預金

元本保証の筆頭はやはり銀行預金でしょう。金利は微々たるものですが、絶対に減ることがないという安心感はやはり違いますね。

銀行預金でのリスクは銀行の倒産ということになります。

しかし預金している銀行が破綻しても1000万円までなら預金保険制度によって保証されています。1000万円以上の資産がある人はいくつかの銀行に1000万円ずつ分けて預金すればいざという時にも元本はなくなりません。

ただこの預金保険制度が適用されない、海外支店、政府系金融機関、外国銀行の在日支店などでは対象外のところもあるため注意が必要です。

定期預金の金利が高い銀行

メガバンクなどの定期預金金利はまさに“スズメの涙”程度ですが、ネット銀行の金利は比較的高く設定されていてお得になります。

高いものではメガバンクの100倍の金利がつく銀行もあります。程度の差はありますが、ネット銀行は全体的に金利が高い傾向にあります。

1〜2週間定期などの超短期間の定期預金もあります。すぐには使う予定がないけど定期預金ほど長期間引き出せないのは困る、という人にはちょうどよい期間で普通預金よりも金利が高くなっています。

細かく利用して少しでもお金が増えたら嬉しいですよね。

オリックス銀行の「eダイレクト普通預金」や新生銀行の「2週間満期預金」、楽天銀行の1週間定期預金「なのかちゃん」などがあります。

金利動向は常に変動しますので各自公式サイトで最新情報をご確認ください。

新生銀行

楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行!無料口座開設

インターネット銀行の定期預金の金利の最新情報を比較、紹介して随時更新している次のサイトはとても便利なサイトです。

インターネット銀行 円 定期預金 金利比較 Blog

他にも便利でお得なネット銀行

ネット銀行は金利だけでなく振り込み手数料が無料になったりもします。

各銀行のプログラムによりますが、預け入れ資産の金額によって、または住宅ローンを利用していたりするとプログラムのランクが上がって振込無料回数も増えていくものが多いです。

ネット銀行だとお金を引き出すときどうすれば良いの?と思う人もいるでしょう。

しかし今ではメガバンクよりもネット銀行のほうがATMも便利なくらいです。ほとんどのコンビニのATMに提携していますので、駅前の大手メガバンクATMのように行列になることもなく、いつでもどこでも引き出しや預け入れができます。

いろいろなメリットだらけのネット銀行に口座をお持ちでない方は一つくらいは持っておくと便利でお得です。

今や普段の生活にネット銀行は必須?!その使い勝手を徹底解説!【2019年版】

続きを見る

楽天銀行の「マネーブリッジ」はデメリットなし!

マネーブリッジとは、楽天銀行と系列の楽天証券を連携することで使えるサービスのことをいいます。

マネーブリッジを使うもっとも大きなメリットは、普通預金の金利を通常の0.02%から0.10%に引き上げることができます。

メガバンクの普通預金だと、金利は今ですと0.001%しかありませんが、その100倍にもなります。それも定期預金ではなく普通預金での金利なのです!

マネーブリッジを使うもう一つのメリットは、楽天証券で株式等を購入する際の資金としてすぐに使える点です。

一般的には証券口座と銀行口座は別のもので、証券口座に資金を移動してから取引ができるようになるのですが、系列の銀行ということで口座が一つのように便利に使えるのです。

この資金移動サービス「自動入出金(スイープ)」は反対に株式等を売却して資金が待機しているときにも、すぐに優遇金利で預かってもらえるのです。

投資をする人にとって待機資金に金利が付くというのはとても素晴らしいことです。

これから投資を積極的に広げて行きたい人にとっては最高に便利でお得なサービスですね。

もちろん投資をやらなくても証券口座を持ってるだけでも良いのです。楽天証券の口座開設は無料で、口座の維持管理手数料もかかりません。

デメリットがまったくないと言えますね。

楽天銀行

イオン銀行だってデメリットなし!

「イオン銀行」も金利が高いネット銀行の一つです。

普通預金金利は、メガバンクと同じく、通常で年0.001%。しかし、2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になると、こちらも普通預金金利が0.10%とメガバンクの100倍になります!

「シルバーステージ」になる条件は以下になります。

  • 年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有
  • イオン銀行のインターネットバンキングに登録
  • イオンカードセレクトのクレジット機能、またはWAON機能で月に1回以上決済

イオンをよく使う人だけでなく、クレジットカードとして普通に利用すればこの条件は簡単にクリアできそうですよね。

イオン銀行

こちらもメリットしかないサービスですね!

個人向け国債

比較的安全な金融商品、投資先として常に個人向け国債は人気があります。

個人向け国債は安全にお金を運用したい人にとって、とても優れた金融商品です。

第一の特徴として、元本と利息の支払いを国が保証しているという点です。むしろ民間である銀行の破綻するリスクよりも国の方が安全とも言えますよね。

国債については、日本の財政赤字が大きいので大丈夫なのかと心配する人もいるでしょう。

ただみなさん銀行の破綻リスクを考えて銀行に預けないという人は稀でしょう。同じように日本の国家財政の破綻を考えたら投資自体ができなくなってしまいます。

そうすると1000万円を超えるような大きな額のお金を安全に運用したい場合に、第一の選択肢は国債になるのです。

国債というと金利は低くてインフレに弱いというイメージがありますが、将来の金利上昇にも強いものもあります。

変動利率の個人向け国債(10年満期)はリスクもなく金利の変動にも対応できる商品です。

購入時点でもっとも金利が高いだけでなく、今後、市場の金利が上昇した時に、変動10年の金利も上がっていきます。

一方の固定5年・3年は金利が固定されていますので、市場の金利上昇についていけず、運用利回りで損をすることもあります。

個人向け国債の金利は0.05%が下限ですので、固定5年・3年より不利になることはありません。

国債は元本確保です

国債の注意点としては、元本保証ではなく、元本確保であること。

中途換金するには「直近2回分の金利に相当する金額が差し引かれる」というものです。

固定5年・3年は金利が固定なのでいつ換金しても差し引かれる金額は同じですが、変動10年は金利が高い時に換金するほど、差し引かれる金額も高くなります。

しかし1年分の金利を支払うと元本で償還できるので、1年以上保有すると元本割れしないという点は安心ですね。

1万円からできる投資、10万円で買える株。重要なのは金額じゃない、何パーセント利益を出せるかだ!

続きを見る

地方債

「国債」が元本が満期時に保証される手堅い資産運用方法として安定した人気を誇っていますが、実は公共債には他に「地方債」という債券もあります。

地方債」とは、都道府県や市区町村などの地方公共団体が財政収入不足を補うために発行する債券のことです。

国の事業のために国が発行する「国債」と同じように、地方債は発行した自治体内の公共施設の建設事業や、電気・ガス・水道など公営企業の運営費などに使われます。

そして最大の特徴は利率が高いことです。

発行している地方公共団体ごとに利率は違います。

2017年10月に発行された神奈川県の全国型市場公募地方債(個別債)の10年債利回りは0.230%でした。

2013年4月に長野県軽井沢町が起債した「さわやか軽井沢債」は5年満期で金利は1%もついていました。国債や銀行の定期預金と比較したら金利の高さは一目瞭然ですね。

地方債も途中換金には注意!

地方債も元本確保なので、中途換金には注意が必要です。

償還日より前に換金する場合には市場価格での売却となるため、その時点で買値を下回っていると売却損が生じる場合があります。

さらに国債はいつでも国が買い取ってくれるのですが、地方債にはそういう仕組みがないので、途中換金には流動性の問題もあり、予想外に安い値段で買い取られる場合もあります。

あくまで満期までしっかり運用するというつもりで購入するべきです。途中売却の必要がない、使う予定がないお金の運用にはリスクも少なく安心な商品と言えます。

地方債は5年や10年、30年満期というのも多く償還まで長期間になることもあります。

最近の低金利を考えると、現時点の低金利で長期間固定されてしまうのもどうかと思います。途中換金のリスクも考慮に入れると、もう少し金利が高くなってから購入するほうが良いような気もします。

個人向け社債

国や地方という公共団体が発行する債権が公共債でしたが、企業が資金調達のために発行する有価証券のことを社債と言います。

社債は公共債よりもさらに利率が高くなります。

例えばソフトバンクグループが2017年に起債した第51回無担保社債は、発行総額は4000億円、7年もので利率は年2回配当で年率2.03%(税前)という高金利でした。

もちろん個人投資家は購入に殺到してあっという間に売り切れてしまいました。

仮に1000万円を投資すれば、年間20万3000円の利子が付き、7年で利子総額は142万1000円となり、7年後には1000万円の元本が戻ってくるのです。

資産のある人にとっては、日本国内の投資で為替リスクもないこの債券は、超高利回りの円定期預金的なものになるので、人気が出るのも当然ですね。

満期まで毎回利息が入り、満期には全額返還されます。ただもちろん途中換金する際には元本は保証されていません。売却額はその時の時価になるので損することもあります。

あとはソフトバンクグループが7年で倒産するリスクをどう考えるかですよね。

倒産リスク途中換金の元本割れリスクさえしっかり理解しておけば比較的安全で満期時に元本が戻ってくる投資先としては大変魅力的です。

人気の社債は?

個人向け社債として昨今人気があるのがSBI債、マネックス債、ソフトバンク債です。

金利も高く設定されていて、満期も長くて2年程度です。また、買付手数料も設定されていないため、手数料を気にせず安心して投資が始められます。

こういった人気のある個人向け社債は発売するとすぐに完売してしまうことが多いです。

購入を狙うひとはあらかじめネット証券に口座を開いて準備しておいたほうが良いでしょう。

発行のタイミングはいつになるかわかりませんので、証券会社のホームページをチェックしていつでも購入できるようにしておきましょう。

株&FXだけじゃない?!口座を持つと広がる金融商品の世界

続きを見る

貯蓄型保険

支払った金額以上の保険金が受け取れる

投資、運用とは少し色合いが異なりますが、支払ったお金より多くの金額を受け取れるものに貯蓄型保険があります。

貯蓄型の保険だと、たとえば「保険料の総額は450万円で受け取れる保険金は500万円」というようなことがあります。

終身保険や個人年金保険などいろいろありますが、一般的には普通の保険ほど手厚くはないにせよ、病気など万一のときに保障が受けられ、元本が戻ってくるのです。

ということは実質保険料がただで保険に加入できるとも言えます。

さらに保険の場合は「契約者配当金」というものがあって、保険会社の運用がうまくいって運用益が出た際に契約者に還元されるお金のことです。

途中解約すると損をする

一番怖いのはこれです。

もちろん国債や社債なども途中換金で損をする場合もありますが、貯蓄型保険の途中解約はより損失のダメージが大きいものになります。

保険の場合は解約すると解約返戻金を受け取ることになります。その時点では解約返戻金には利子はついてきません。さらに経費として一定額が差し引かれているために、支払った保険料よりもかなり少ない額しか戻ってきません。

商品によって違いますが、「低解約返戻金型」ですと途中解約すると払った額の7割程度しか戻って来ません。

低解約返戻金型とは、中途解約時の解約返戻金を小さく抑える代わりに、保険料を安くするというメリットがあるタイプの保険です。

将来のことは誰もわかりません。お金がいつ必要になるのか。保険として自分に本当に必要なものなのか。

30代、40代に将来を考えて保険に入る人は結構多いと思います。しかし20年間、30年間同じような収入や生活環境で生活できる人はかなり稀だと思います。

私の経験上、または周りの情報から言いますと、最初は将来のために貯蓄するぞと意気込んで始めますが、子供の養育費やら親の介護やらで月々の保険料が負担になって解約するパターンも多いです。

保険会社も途中解約する人の割合が一定数いることを前提として利益を計算しているとも思われます。

ほぼ将来に心配がなく生活ができるのは、はっきり言いますと公務員くらいではないでしょうか。

あくまで保険という性質の商品になるので、資産を増やすのが目的であれば安易に入らないのが無難だと思います。

公社債投資信託

公社債投資信託は、公社債に投資する投資信託です。「公社債」とは公債(国債や地方債)と社債の両方の債券のことを言います。

公社債投資信託は100%債券でできている投資信託ですので、安全性は非常に高いといえます。

もしも1%でも投資先に株式が含まれていたら、その投資信託は「株式投資信託」と呼ばれることになり、リスクが増えます。

公社債投資信託は投資先が債券のみですから、元金や利払いが確定していることになります。

MRF(マネー・リザーブ・ファンド)

「MRF」を簡単に言うと、証券会社の「普通預金」のような商品です。

元本保証がされているわけではありませんが、原則として元本割れしないように極めて安全に運用されている投資信託(公社債投信)です。過去においても元本割れをしたことは一度もない商品となっています。

毎日運用成績に応じた分配金が出され、月末にまとめて再投資に回されます。

分配金の額についてですが、一般的には銀行の普通預金の金利よりも高いです。

MMF(マネー・マネージメント・ファンド)

「MMF」を簡単に言うと、証券会社の「定期預金」のような商品です。MRFよりもリスク・リターン共に高い投資信託です。

MMFはMRFよりも少しだけ期間の長い債券に対して投資をします。そのため、MRFよりも若干リスクが高まりますがその分、分配金(金利)の額は大きくなります。

MRFとの違いとしては、30日未満で解約する場合には信託財産留保額が差し引かれることです。30日以上経てば、無条件に引き出すことができます。

MMFの金利は定期預金の約2倍になります。富裕層などかなりまとまった額の場合、銀行にペイオフ対策として1000万円ずつ分散して預金するのは大変なので、利率の良い運用先としてMMFで保有する人も多いようです。

投資の超初心者が学ぶ投資信託。どんな商品?どこで買えるの?

続きを見る

「平均的なリターン」にだまされないで!

投資の初心者がよく勧められる商品である投資信託の中で「インデックス型」というのがあります。これは日経平均などの市場の平均的な指標に連動するように作られた金融商品です。

長期にわたる世界経済の好調によって株式市場も上昇を続けてきましたが、このインデックス型投資信託も多くの投資家に人気となっています。

そこで出てくるのが「平均的なリターン」という言葉です。インデックス型投資信託は市場の「平均的なリターン」を得られるように作られています。

これを初心者の人は「平均的なそこそこの利益がある」と思ってしまっていませんか?

「平均」という言葉でみんなと同じくらいな利益にはなる、というような捉え方をしていませんか?

投資信託はもちろん元本保証、元本確保の商品ではありません。

しかしいくら資産が減っても、それを「平均的なリターン」と言うのです。市場平均が下がった時も、それと同じだけ「平均的なリターンが得られた」ということなのです。

株価が上がればその平均と同じだけ利益もありますが、株価が下がればその平均と同じだけ損失になると言うことです。

「リターン」は市場の平均と同じ動きをするという意味で、「利益」のことではありません。

「平均的なリターン」のイメージに惑わされないようにしましょう。

【初心者向け】オススメの投資は何?誰でもわかる投資の種類を徹底解説!

続きを見る



元本保証の唯一のデメリット?!

元本保証なのにデメリットなんてあるの?と思う方もいるでしょう。

元本保証、元本確保の最大の欠点は利回りが低いということです。リスクが低いので利率も低いのは当然です。

そしてインフレ時において、これが欠点となります。

金利を上回るインフレになると、実質的に資産が減っていることになるからです。

物価の値段が毎年2%上昇するインフレ時に1%の利率の資産にとっては、実質1%資産が減っていくことになるのです。

元本保証、元本確保の安全な商品を購入する際には、運用期間に注意が必要です。どういったお金で、どういう目的かをはっきりさせないで安易に10年、20年の長期運用を始めるのはあまりおすすめできません。

逆に言えば、物の値段が下がっていくデフレの時には有利となります。

金融商品の購入はネット証券が便利

証券会社というと株式や為替などのリスク商品だけだと思う方もいるでしょう。

しかしネット証券では国債や社債などの購入ができます。もちろん商品の種類や証券会社ごとに扱っている商品にも違いがあるので、あらかじめ目的の金融商品があるか調べてみましょう。

地方債はそれぞれの地方の金融機関が取り扱っていますので、目的の地方債があれば調べてみてください。

またリスクを限定した上で投資にチャレンジすることもできます。

貯蓄か投資かはどっちかじゃなく両方やればいい!どんなバランスが適切?

続きを見る

ネット証券大手のSBI証券や楽天証券などでは多くの金融商品が揃っています。口座開設は無料、口座の維持管理も無料です。

初心者はここから選べばいい!おすすめ厳選の証券会社5社比較!【2019年版】

続きを見る

楽天銀行デビットカード

-5. 💰お得な情報!, ネット銀行
-, , , ,

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.