ミニ日経225先物 と 日経平均連動型ETF の違いは?どっちが良いの?

更新日:

Pocket

日経平均株価がこの先上がるか下がるかを予想して取引する日経225先物というものがあります。

先物」と聞くと少し危険、というイメージをもつ初心者の方もいるかもしれません。ただきちんとした使い方をすればまったく問題ない取引です。

日経平均株価指数に連動するわかりやすさと銘柄選びのわずらわしさもないために、多くの投資家が取引に参加しています。さらに、「売り」から始めることができるため、相場下落局面にも利益獲得のチャンスがあります。

中でも、「ミニ日経225先物」なら取引単位が日経225先物取引の10分の1と少ない証拠金と手数料(1枚あたり50円税抜)で取引することができ、個人投資家から人気を集めています。

個人投資家は投資金額を考えると、基本的にこの「ミニ」を取引する人がほとんどだと思います。

「先物」の解説では「原資産」「デリバティブ」など難しい言葉で説明されているものもありますが、「日経平均の値段をそのまま売買する」という単純な理解で問題ありません。

でもこれって「日経平均連動型ETF」となんだか同じような感じがしますよね?違いを含め見ていきましょう!

銘柄に迷ったら日経平均連動型ETFを買え!株初心者に是非オススメなわけは?

続きを見る

日経225先物ミニの特徴

[メリット1]相場下落局面でも利益が出せる

信用取引の「売り」と同じように、相場が下落すると思えば売りからスタートして下落後に買い戻すことにより利益が得られます。

これを活用すると、長期保有の株式を一時的に市場全体の下落からヘッジする目的でも使うことができます。

[メリット2] レバレッジを使って資金を効率的

実際の取引金額が必要なのではなく、証拠金というシステムで取引ができます。証拠金を入れることによりレバレッジを数十倍まで効かせて投資ができます。よって少額からの取引が可能です。

今現在66,000円の証拠金で日経平均株価の100倍である220万円ほどが買えるのでレバレッジは実に30倍ほどですね。

ただ実際には30倍はレバレッジが高すぎて危険です。また必要な証拠金は相場の状況の変化で証券会社により細かく変動します。

レバレッジは高すぎないように余裕を持って資金を確保してください。初めはレバレッジ3倍程度に抑えるのが良いと思います。

[メリット3] 銘柄選びがいらない

日経平均という一番馴染みのある価格を取引するので、銘柄選びという大変さがありません。

市場全体が上がるか下がるか、日本の景気、世界の金利などマクロ経済の視点で投資ができます。もちろんスイングトレードなどの短期取引もとてもやりやすいです。

日経平均ということなので、当然ですが日経平均として選ばれている大企業の動きの平均のような動きになります。つまり始めから分散投資されているとも言えますね。

大企業でも倒産するリスクはあります。個別に銘柄を保有するとこのリスクが大きな問題となります。また倒産しないまでも、市場全体が上がっているのに保有銘柄だけ上がらない、ということもよくあることです。

日本を代表する大企業に分散投資をする予定ならば、最初からこの日経225先物ミニに投資をするのも一つの手ですね。

[メリット4] 高い流動性

個人投資家のほか機関投資家も多く参加しているのでとにかく流動性が高いので買い付けも売却も安心していつでも取引ができます。

投資において「流動性」という言葉を良く耳にすると思いますが、この「流動性」というのは本当に重要です。いつでも希望(に近い)の値段で売却できるというのは投資をする上での絶対条件と言っても良いでしょう。

クリック証券日経225

「ミニ日経225」と「日経平均連動型ETF」の違い

ほとんど似た商品のような「ミニ日経225」と「日経平均連動型ETF」ですが、細かい違いを比較してみましょう。

ミニ日経225先物 日経平均連動型ETF
取引値段 日経平均の100倍  日経平均の1倍から
取引時間 8:45〜15:15
16:30〜翌5:30
9:00〜11:30
12:30〜15:00(株式と同じ)
取引日 平日のみ 平日のみ
取引期限 ある  なし
取引形態 証拠金取引  現物または信用取引
売りからの取引 可能  信用売で可能/またはブル型を使う
レバレッジ 数倍〜数十倍  1倍〜約3.3倍
信託報酬 なし  あり

取引時間

ETFというものは基本的に株式と同じ種類の商品になるために、取引手数料や取引時間、信用取引のしくみなどすべて各証券会社の株式取引に準ずることになります。

ETFは東京株式市場が開いている日中だけで、昼休みもあります。

対して「日経225先物ミニ」の取引時間は一日の中でかなりの時間が取引可能ですね。夕方と早朝の一部の時間帯のみ取引できないだけです。仕事をしている人でも昼休みから夜間、深夜まで取引可能となります。

この夕方から夜間というのはヨーロッパやアメリカの市場が開いている時間帯なので、値動きもそれに連動する形で動いています。

むしろアメリカの金融政策や各種重要な指標の発表に合わせる形で取引する人も多いようです。

取引期限

先物には限月という期日が決まっていて、その最終売買の日に買いと売りのすべての清算がされます。

この限月は毎月第二金曜日で設定されているのですが、実際は3月、6月、9月、12月の3ヶ月ごとの期日のものが一番多く売買されています。

というのはミニではなく「日経225先物」はこの3月、6月、9月、12月ごとの限月に設定されているのでそれに合わせてミニも多く売買されています。

流動性は多いと書きましたが、基本的に一番近い限月のものが取引の中心になります。

例えば今が7月だとすると、一番近い9月限のものがメインで取引されます。ということは最長でも3ヶ月弱で一旦清算をしなくてはならなくなります。

さらに持ち越して保有したい場合は一旦清算したあと、次の限月のものに乗り換えます。この時にはまた売買手数料がかかってしまいます。

よって3ヶ月以上保有する目的の場合は予め先の限月のものを購入すればOKです。

ただ流動性が若干低いために、価格が不安定になることがあります。価格が不安定とはどういうことかと言いますと、日経平均から少し離れた不利な値段で約定する場合があるということです。

それでも良いから先のものを買うか、乗り換えの時に手数料を払うつもりで流動性が高い一番近い限月のもの(期近「きじか」という)にするかということになります。

この点で言えば日経平均連動型ETFの方には期限がないので都合が良いかもしれません。ただこちらには信託報酬という別の手数料がかかってきます。

どれが絶対お得という訳でもないということですね。

取引資金

日経平均連動型ETFは株式と同じ扱いになります。

初心者にもおすすめの「日経225連動型上場投資信託(1321)」の場合、取引単位が「1」なので日経平均の価格そのままの値段から購入できます。

ということは2万円ちょっとから投資できるのですね。とても手軽で始めやすいです。

「ミニ日経225先物」の場合は最小単位である日経平均の100倍、つまり220万円ほどを購入することになります。しかし実際には220万円が必要なのではなく、証拠金を7万円程度入れれば購入できることになります。

ただしここで注意なのは、この状態だとレバレッジがとんでもなく高いということです。少しの変動でも証拠金の追加が必要になるでしょう。

これが「先物が危険」とよく言われる理由です。

レバレッジを10倍にすると22万円、3倍程度で抑えるには70万円ほど必要ということになります。

ただお分かりのように、危険というのはレバレッジが高いということだけの話なのです。これはFXなどでも一緒です。

あくまでレバレッジを抑えて、極端な話ではレバレッジを1倍にすればどの商品もリスクは同じ程度になるのです。あくまで投資家それぞれの資金にたいする意識の問題です。

勝ってる投資家は資金管理がしっかり出来ている!その重要性とは。

続きを見る

手数料

手数料は先ほど言いました通りETFは株式手数料と同じなので、各証券会社の手数料体系に従うことになります。

もし10万円以内の少額で取引をするならば10万円以内の手数料が無料なSBI証券や松井証券で取引するとお得です。

100年の歴史を持つ独立系"松井証券"の実力

続きを見る

それ以上の場合でも手数料がなるべくお得な証券会社を選ぶと良いでしょう。

しかし取引額が大きくなった場合、日経平均先物を買った方が手数料は安くなってきます。先物を使うメリットはこの金額が大きくなった時の手数料の安さにあります。



「ミニ日経225先物」と「日経平均連動型ETF」どっち?

「ミニ日経225先物」と「日経平均連動型ETF」は同じ値動きをしているものに投資をするので基本的には同じもの、と言うことができます。

ただ投資金額や使い勝手で微妙な差があるという解釈ですね。

取引金額がある程度多い場合は「ミニ日経225先物」、少ない場合は「日経平均連動型ETF」が適しています。

短期か長期かという選択では期限がないETFが便利ですが、信託報酬があることも考慮に入れると「日経225先物ミニ」で期日がきたら先の限月のものに乗り換えれば良いと思います。

ただ取引時間を考えると、夜間でも取引できる「日経225先物ミニ」はかなり便利なものになります。実際日本の市場の時間以外で売買できないETFは短期売買には向かないでしょう。

ミニ日経225先物 日経平均連動型ETF
適した投資金額 数十万円から多くの金額向き 数万円から可能
投資期間 デイトレ、短期から中期向き  中期から長期向き

初心者の人は10万円以内で「日経平均連動型ETF」から始めて、スキルが上がってから「ミニ日経225先物」に移行するのはどうでしょう。

投資信託と株式の良いとこ取り?!ETFの魅力について解説!

続きを見る



-信用取引 & 先物
-,

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.