【仮想通貨】ビットコインは投資に値するか?わからないものには投資をするな!

更新日:

Pocket

ビットコインなどの仮想通貨が気になる人も多いと思います。

2017年年末の仮想通貨の暴騰では一時的に大儲けした人もいたかもしれませんが、その後の大暴落により今現在は損失、または塩漬け状態の人もいると思います。

しかしここ最近の仮想通貨の下落により、むしろ今がチャンスと捉え、これから参入して将来の値上がりを期待するという考えの人もいるでしょう。

仮想通貨は今が売りなのか、買いなのか。

今から仮想通貨に投資をしても良いのでしょうか?

そもそも仮想通貨に価値はあるのか?

一般的な投資対象として株式、通貨、不動産、金などがありますが、これらは誰でもなんとなくは説明できる、または理解できるものでしょう。

株式は企業価値として表され配当を得ることができ、通貨は発行しているその国の信用をもとに安心して保有でき、不動産や金などは実物のモノとして利用価値があることがすぐにわかります。

ではビットコインなどの仮想通貨に「価値」はあるのでしょうか。

仮想通貨に一番近い存在としてはやはり貨幣、お金ですよね。

貨幣の価値についてよく言われるのは、「貨幣はみんなが価値があると思い込むから価値がある」というのがあります。

ただの紙切れである1万円札を価値があるとするのは、日本の政府の信用の元に、みんなが価値を共有しているから成り立っている訳ですね。

信用のみで価値を生み出しているこれらを「信用貨幣」と言います。

暗号通貨においては、このような政府による流通の保証というものがありませんが、共通の価値はあるのでしょうか。

基本的には、その仮想通貨でモノが買える店舗などが増え、使える場面が増え、交換性が増せば信用も増していくものと思われます。

しかし今現在はビットコインは多少の決済利用ができるものの、ほとんどの仮想通貨は交換性はないと言えます。

価値としては「将来価値がでるのでは」という期待の「価値」だけではないでしょうか。

仮想通貨の理論的な価値に関する論述は専門的なものから一般的なものまでネット上にも様々あるので、興味のある人は調べてみると良いでしょう。

しかし今現在は「価値として評価が確立していない」というのが厳然たる事実でしょう。

学者でも金融のプロでも意見が一致していません。

世界のトップレベルのファンドマネージャーや投資家も、そのほとんどは仮想通貨の価値を測りかねています

将来的にそれなりの価値を見出すという意見もあれば、ジム・ロジャーズのように消滅すると断言する人もいます。

つまり評価が確立していないということは価値がないことと同じです。

価値が確立していなものに投資をすることはできないというのが単純な結論です。

ズバリ不動産投資をすすめない理由|ETFなど手軽な投資先はたくさんある!

続きを見る

SBI FXトレード

わからないものには投資しないというのが鉄則

ここでは仮想通貨自体がどうなるのかということは議論しません。わからないものはわからないからです。将来性に期待して購入する人がいてももちろん構わないと思います。

しかし今現在は「投資」の対象としてはみなせないというのが素直な結論だと思います。

技術的なこと、国の法律や金融機関の扱いなどの環境、人々の認識が将来変わるかもしれませんが、それに期待して仮想通貨を保有することは投資というより一か八かのギャンブルだと言えます。

わからないものには投資をするな

これは投資の鉄則です。例えば投資信託一つとっても、中身が何であるか、何の影響によって価値がどう変わるのか、ある程度理解していない人は購入するべきではありません。

株式だってある企業の価値、事業内容、その業種の将来などの知識があってその銘柄を保有しようと思うわけです。

仮想通貨が何であるか、学者でも金融のプロでも意見が一致していないものは私たち一般の人が理解することは難しいです。

宝くじだと思って将来に賭けて仮想通貨を持つことは構いませんが、世の中にはこれだけ価値がしっかり確立した投資対象がたくさんあるのです。

確実な投資対象で地道に投資というものを経験して学んでいくことをオススメします。

【初心者向け】オススメの投資は何?誰でもわかる投資の種類を徹底解説!

続きを見る

-0. 投資はおもしろい!, 4. 投資を広げよう
-, ,

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.