行動経済学って投資の役に立つの?相場を動かすのは人間の欲望!

投稿日:

Pocket

行動経済学は相場の一面を表している

過去の経済学は、人というのを単純に考え、経済的合理性のみに基づいて行動する、と想定して理論化してきました。

すなわち自分の利益のみを考え、その利益が最大化するように常に合理的な行動を取る存在という前提で考えられ、さまざまな理論が考えられてきたのです。

ただ実際の人間は、常に合理的に行動するわけではないし、実際にみなさんもそう思うでしょう。

ところが、経済現象を理論的に解明するためには、数式を使って考えることが必要であり、そのためにはそんな単純なモデルを大前提としないと何も理論化できなかったのです。人間の心理を数値化して理論に含めていくなどなかなか難しいのです。

ところがそれを含めて経済を分析しようとしている、それが行動経済学なのです。

結局過去の経済学は複雑なところは無視して都合のよいところで説明していたに過ぎないのですね。

行動経済学の例でいくつか紹介しましょう。どれも心理学的な面が強いですね。

おとり効果

2つの似た商品があったとします。

  • 商品A:1万円
  • 商品B:1万2千円

この場合、安いAを選ぶ人は多いのではないでしょうか。

ただ選択肢がこのように増えた場合、

  • 商品A:1万円
  • 商品B:1万2千円
  • 商品C:1万5千円

商品Bを選ぶ心理が働きませんか?これが「おとり効果」です。

この場合商品Cが「おとり」ですね。本来売りたい商品とは別の商品を提示することにより、より売りたい商品を選ばせる効果があります。

アンカリング効果

アンカリング効果とは、最初に提示された特定の特徴や数値の情報が印象に強く残ってしまい、意思決定や判断に影響をおよぼす傾向のことです。

  • 特別価格 9,800円!
  • 通常価格1万5千円のところ → 特別価格 9,800円!

元々の価格から値引きが有るか無いかで印象がかなり変わりますよね。

この価格表示では、値引き後の価格とは別に値引き前の価格が、アンカリング効果として影響します。

どちらも同じ「特別価格9,800円」ですが、「通常価格1万5千円」がアンカーとなり、つい買いたくなってしまうわけです。

このように、同じ結果でも印象的な情報を与えることで受ける心理を変えることができます。

【適正診断】株やFXで成功するタイプとは?性格から見る投資スタイルの向き不向き!

続きを見る

ハーティング効果

他の人と群れをなそうとする心理です。みなさんにも心当たりありますよね。

  1. 行列ができているラーメン屋
  2. すぐに入ることができるラーメン屋

この場合、行列ができている方に入りたいと思う人は多いのではないでしょうか。

「多くの人が選んでいる=美味しいはず」という心理が働き、同じ味でも行列店の方が美味しく感じることもあるでしょう。

店の新規開店や飲食店では、この効果を狙って意図的に行列を作る戦略もあります。

相場では「美人投票」と同じく、みんなが良いとおもう銘柄により人気が集中したりします。バブルを生み出す根源的な心理でもありますね。

プロスペクト理論

1万円を手に入れる喜びと、1万円を失うショック。どちらも同じ1万円なのに、多くの人は「失う1万円」の方がはるかに大きな出来事に感じます。

このような心理の理論を、行動経済学では「プロスペクト理論」と言います。お金を扱う時には、誰もが「損をしたくない」という感覚を持っています。

  • くじA 90万円もらえる 確率は100%
  • くじB 100万円もらえる 確率は90%

この場合、多くの人はAを選択します。これは「利益を得られない」というリスクを回避しようという心理が働いているからです。

  • くじA 90万円を失う 確率は100%
  • くじB 100万円を失う 確率は90%

この場合はBを選択する人が多くなります。これは「確実に損益を出す」という損失を回避しようとし、少しでものぞみのある行動に出るのです。

プロスペクト理論をギャンブルに例えるなら、始めは倍率が低くても勝てる確率の高い勝負をします。小さな倍率でも、確実に勝ちたいという心理が働きます。

ですが、やがて予想外に負けが込み始めたとします。すると、今度は小さくコツコツ勝てる勝負をするのではなく、倍率の高い勝負をするようになります。一時でも早く、負けた分を一気に取り返そうとする心理が働きます。

これは投資をする上でも重要な心理ですね。

損をした時の対応としては早めの損切りなどがありますが、それが人間はなかなかできないのです。そして損失をなんとか取り返そうといろいろ不合理な行動に出てしまうと言うわけです。

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)

ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)とは、自分の主観や経験によって、合理的な根拠がないにも関わらず確率論に基づいた予測かとは離れた行動をとる心理のことです

誤謬(ごびゅう)とは「あやまち」のことで、不合理なことをしてしまうということです。ギャンブルをする時に人は気づかいないうちに不合理な選択をしてしまう現象からとった行動経済学の考え方です。

コイン投げで裏表を当てるゲームをします。

6回投げてこのような結果になっていたとします。多くの人は「そろそろ表かな」と予想します。

ただコインの確率は1/2です。当然表が出る確率も1/2のはずです。

連続で何回裏が出ても、次に裏が出る確率は下がりません。それでも人は、連続で同じものが出ると確率論に逆らった推理をしてしまうのです。

当選番号のあるくじで、たとえば「333」というくじと「286」というくじがあったらみなさんほとんどの人が「286」を選びませんか?

確率論で言えばどちらもただの3桁の数字であり、当選する確率はまったく一緒です。

偉大な投資家が成功するまでのプロセス。必要なのは「失敗すること」と「続けること」

続きを見る

相場を動かすもの、それは人間の欲望だ!

心理学はただの学問、面白い知識ではなく、世の中の実戦でとても役に立つものです。実際ビジネスやマーケティングなどの現場では心理学は重要です。

投資や相場においてもまた同じように心理面の影響は大きいものです。

経済理論、企業分析など、投資に対していわゆる「お勉強」的な側面のみで相場と向き合おうとする人がいます。

しかし、相場は「世の中そのもの」なのです。合理的な選択だけでなく、欲望や嫉妬など人間行動のすべてが相場の「価格」という結果として示されてるに過ぎません。

頭を柔らかくして広い視野で相場を見続けることが大切です。

相場を動かす不可解な理由たち、それは人間の心理。

続きを見る

-0. 投資はおもしろい!
-

Copyright© いきなり!株FXデビュー , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.